ジュウニヒトエvol.17『踊る阿呆になってみる。』(終了しました)

ジュウニヒトエvol.16『稽古場で悩まないセリフのお稽古入門』

ジュウニヒトエvol.17『踊る阿呆になってみる。』を7月28日(日)に開催いたします。
ゲストファシリテーターに一川幸恵(アマヤドリ)さんをお招きして、
俳優ならではなの身体表現についてのワークショップをおこなっていただきます。
ダンスに苦手意識を持っている方、身体表現に興味のある方に向けた企画です。
経験は一切不問です。どなたでもご応募いただけます。
みなさまからのご応募を心よりお待ちしております。

ご挨拶

どうも、perrot主宰のいわもとよしゆきです。
さて、今回は『踊る阿呆になってみる。』と題して身体表現のWSを開催します。
ゲストファシリテーターに一川幸恵(アマヤドリ)さんをお迎えして、日常の延長にある身体表現についてのワークをおこなっていただきます。

さて、「身体」とか「表現」なんて聞くと胸が少しドキッとします。
なにを隠そう僕は運動が大の苦手なのです。
ある劇団のWSでは「君!からだが死んでるね!!」と言われたこともあります。

そんなわけで今回は大尊敬する女優さんであり、アマヤドリの群舞(ヤバイからご存じない方はyoutubeをチェック)の振り付けをなさっている一川さんに講師をお願いした次第なのですが、さてさて、なんでまた「身体」なのか。

『苦手意識を克服するため?』まあ、それもあるっちゃ、あります。
『ダンスできたらカッコいいって下心?』まあ、否定はできません。
『でも、踊れる人は経験者だけだから…』コレ!コレです!!コレなんですよ!!!

「踊りは経験者しかできない」っていう思い込み、ありませんか?
僕は全くそんなことないと思っています。
縁日で鯔背な和太鼓が聞こえたら、なんとなーく踊れちゃう、みたいな。
カラオケで、リズムにノッてタンバリンを叩ける、みたいな。
僕は踊りはそうした日常の身体の延長線にあるものだと考えています。

そりゃあ、極めるっていうなら話は別です。血の滲むような修行が必要でしょう。
でもね、でもでも、誰だって自分の身体で遊んでいいと思うのです。
自分の身体で表現をしてみていいと思うのです。
ナイスなミュージックやナウいビートが聞こえたらダンシングしたいのが人の性だと思うのです。

てなわけで、日常の延長にある身体とそこから広がる表現に触れてみませんか?
この企画はダンスのレッスンではありません。決められた振り付けを覚えたりもしません。
だって、今後の創作で活かせないですから。これはワークショップなのです。
これからに活かせる「種」を自分で見つけてもらう時間なのです。
なんてったってタイトルは「踊る阿呆になってみる。」ですからね。
さあ、同じ阿呆なら(失礼!!)踊らにゃソンソン。

ということで会場でお待ちしてます!

perrot主宰 いわもとよしゆき

ゲストファシリテーター:、一川幸恵(アマヤドリ)よりコメント

はじめまして、一川幸恵です。普段は俳優をしています。

突然ですが、私はダンスを学んだことはありません。
ほぼ独学の、ちょっと踊れる(かもしれない)かなってかんじの俳優です。
そんな私が、なんだかダンス風なワークショップのファシリテーターをさせて頂くということで、
ガクガクブルブル戦々恐々ドキドキワクワクしています。

私の所属するアマヤドリという劇団では、作品の途中や最後に唐突な踊りが入ったりします。
近年はその振付をしたりしているのですが、創作する時は俳優が踊ることにこだわりを持ってやらしてもらってます。

我々俳優はダンサーさんみたいにバチバチに踊ることはできないけれど、
でも、そんな我々にしかできない踊りはあるんじゃないかなあ・・・
そんなことをうっすら考えながら、日常の延長みたいな感じで、皆で踊ってみたいですね。

今回のワークショップでは、「ダンス!」というパワーワードに踊らされず、気負わず、気楽に、かつ得意げにやっちゃいたいです。ジャズだーヒップホップだーバレエだーみたいなことは全くございません。そういうのは私ができないので、ご安心ください。

俳優のからだを使って、俳優の文脈とイマジネーションで、
なんだか楽しいことができたら素敵です。
どうぞよろしくお願いいたします。
たのしみです。

一川幸恵

プロフィール 一川幸恵(アマヤドリ)

一川幸恵(いちかわ・さちえ)

大阪府出身。

2歳から18歳までシンクロナイズドスイミング選手として活動。

全国大会3度くらい優勝。世界ジュニア日本代表候補になるも落選、挫折。

大学卒業後、わりと名の知れた食品メーカーの開発部に就職するも俳優がやりたくなってしまい退職。

2012年より関西小劇場で俳優として活動開始。2013年に上京。

2015年アマヤドリ入団、近年は群舞の振付も担当している。

photo by bozzo
アマヤドリ公式HPはこちらから

WS内容

・ゲストファシリテーターに一川幸恵(アマヤドリ)さんをお招きして、俳優ならではなの身体表現についてのワークショップをおこなっていただきます。

・ダンスに苦手意識を持っている方、身体表現に興味のある方に向けた企画です。

応募条件

・学歴/性別/演劇経験一切不問。
・ダンス、踊りに興味のある方
・からだを動かすことに抵抗のない方

開催日時

7月28日[日] 15:00~19:00
※キャンセルはご遠慮ください。開催日1週間以内のキャンセルの場合、理由を問わず参加費を全額請求させていただきます。予めご了承ください。

その他

会場 都内の稽古場施設(応募確認後、個別にご連絡差し上げます)
料金 U-18 ¥500
一般 ¥1500
フタエ割(過去WS参加経験者の方)は−¥500
お申込み こちらからご応募ください。
締め切り 先着順。7月26日まで。

問い合わせ

mail perrot.sfc@gmail.com
web http://perrot.jp/