第4回公演

今日は砂糖の雨が降るから

作品概要

「自己と他者」三部作の3作目。理屈で生きる人間の主人公と感情で生きるブリキの少女のSF寓話劇。
舞台はブリキと呼ばれるアンドロイドが、ヒトと同じように生活している世界。そこは「コーヒー無党」の党首・きんつばによる独裁がおこなわれている。主人公・イロハは過去に初恋の相手をブリキによる事故で亡くしたことをキッカケに、政府お抱えの「理屈屋」としてブリキの取り締まりをおこなっていた。ある日、彼はひょんなことからブリキの少女マキナに出会う。互いに正体を知らないまま惹かれてしまう二人。しかし、ブリキによるテロ組織「眠れる森」のテロ事件によって、ブリキとヒトの対立はいよいよピークを迎える。捜査にあたっていたイロハはマキナが「眠れる森」の代表であることを知ってしまい……。

キャスト

秋本雄基
(アナログスイッチ)
平体まひろ 西村蒼
廣瀬樹紅 KEKE 早川雅仁
宮澤大和 宇田奈々絵
(劇団ひまわり)
金森悠
金澤卓哉 柴田瞳 國井さえ

スタッフ

作・演出 いわもとよしゆき
舞台監督 新居真夏(perrot)
舞台美術 小林裕介
音響 新井拓海(perrot)
照明 渡邊大生/佐野瑛美香
宣伝美術/ドラマトゥルク 永良凌
音楽・WEB 田巻正典
映像 田巻正典/松島千晃
演出助手 山口早春
当日運営 萩原深雪(カムヰヤッセン)
制作協力 つくにうらら(カミグセ)
企画・製作 perrot
協力 アナログスイッチ/株式会社エンクラストパブリシティズ/劇団ひまわり/劇団しどろもどろ/カムヰヤッセン/カミグセ/花まる学習会王子小劇場